HOME > 健康 > 脱力するだけで脊柱管狭窄症は治せる

商品詳細

脱力するだけで脊柱管狭窄症は治せる 

表紙画像脱力するだけで脊柱管狭窄症は治せる.jpg
商品名
脱力するだけで脊柱管狭窄症は治せる 
発売日
2017年5月29日(月)
価格
1100円+税
お問い合わせ先
ガイドワークス営業部…03-6311-7777

内容詳細

内容紹介

今や腰痛原因として広く知られるようになった「脊柱管狭窄症」。
老化などによって脊髄や馬尾神経が通る隙間が狭まることで、様々な弊害が生まれます。
腰が痛くなったりお尻から足にかけてしびれる、長時間歩けなくなるといった不快な症状に悩まされている人は多く、脊柱管を広げる手術療法に頼る人も多くいます。

しかし、手術によって脊柱管が広がったにもかかわらず、また脊柱管が狭窄して、むしろ症状が悪化してしまうといったケースが見られます。
手術自体は成功しているのになぜでしょうか。

それは、体のバランスが崩れるような生活を続けている限り、その人は腰痛になることから逃れられないためです。
一度、手術によって広げた脊柱管も、日常の過ごし方によって、また狭窄してしまうという、当たり前のことが理解できていない人は、こうした悪循環に陥ってしまいます。
こうした負のループを断ち切るには、どうすればいいのか。
簡単なことです。腰痛にならないような生活習慣を身につければいいのです。

福辻院長の元には、脊柱管狭窄症に悩む患者も多く訪れます。
そして、様々な施術を施すことで9割以上は回復へと向かいます。
「腰痛の原因を特定するのは非常に難しい。しかし大抵の人は筋肉をゆるめてあげれば症状が緩和される」
福辻院長の長年の経験から、脊柱管狭窄症に限らず、腰痛に悩む人は例外なく「筋肉が硬い」ことが分かりました。
そして、脊柱管が狭窄していたり、ヘルニアを患っていたとしても筋肉が柔らかい人は、不調が表れにくいということです。

つまり、筋肉を柔らかく保てれば脊柱管狭窄症も怖くないということです。
そして、その方法は誰でも毎日続けられる簡単な方法で実現できるのです。
それが「脱力」。
難しいことは一切なし。辛いストレッチや疲れる運動をしなくても脊柱管狭窄症の不快な症状はなくせます。

一番ズボラで効果的な腰痛改善方法をぜひお試しください。

関連誌も好評発売中