HOME > フットサルナビ書籍 > 日本No.1ゴレイロ・川原永光の究極GK理論

日本No.1ゴレイロ・川原永光の究極GK理論

商品詳細

日本No.1ゴレイロ・川原永光の究極GK理論 

表紙画像日本No1ゴレイロ川原永光の究極GK理論.jpg
書名
日本No.1ゴレイロ・川原永光の究極GK理論 
発売日
2014年3月15日(土)
付属品
DVD
価格
1700円+税
お問い合わせ先
ガイドワークス営業部…03-6311-7777

内容詳細

内容紹介

日本代表のゴールマウスを14年間守り続け、ワールドカップ3大会連続出場を果たした現役最高のGK・川原永光。 そんな絶対的守護神の『経験と理論』から生まれたゴレイロメソッドは、“これまでのゴレイロの常識”を一変させる内容となっている。 ブロック・セービング・キャッチングなどの能力の基本技術はもちろん、DFへの的確な指示の出し方、さらには川原選手自ら行っているトレーニング・ウォーミングアック法も紹介!(トレーニング・ウォーミングアックはユーチューブで試聴可能) さらに、ブッフォン・カシージャスなど世界最高峰のゴールキーパーたちも取り入れている 1対1&数的不利時の止め方なども完全収録している。 フットサルプレーヤーだけでなくサッカープレーヤーのスキルアップ向上にも役立つ一冊となっている。

コンテンツ

Chapter1 基本編
正しい基本姿勢/ポジショニング/サイドステップ/ライナー性のシュート対応(腰より上/下)/グラウンダーの処理/ハイボールの処理/浮き球のセービング/グラウンダーのセービング(手)/グラウンダーのセービング(足)/手のセービングからの起き上がり方/足のセービングからの起き上がり方/パンチング/フィスティング/ピヴォ当てへの対応

Chapter2 1対1編
ブロック面の作り方(基本)/サイドでのブロック/ペナルティーエリア深くでのブロック/サイドに深く入られた時のブロック/横に振られた時の対応/相手の間合いで振られた場合/自分の間合いで振られた場合~エリア外~/自分の間合いで振られた場合~エリア内~

Chapter3 数的不利編
遠目から両サイドに開いたシチュエーションでの対応1
遠目から両サイドに開いたシチュエーションでの対応2
中央/至近距離のシチュエーションでの対応
DFが併走しながらマークするシチュエーションでの対応1
DFが併走しながらマークするシチュエーションでの対応2
微妙な間合いで相手の攻撃を遅らせる方法
相手同士・近い/シューターとゴレイロ・近い時の対応
相手同士・近い/シューターとゴレイロ・遠い時の対応
相手同士・遠い/シューターとゴレイロ・近い時の対応
相手同士・遠い/シューターとゴレイロ・遠い時の対応
数的不利の状況から数的有利の状況にする方法
DFが寄せ過ぎてしまい2対0の状況になってしまった場合
DFが寄せ過ぎてしまい1対1の状況になってしまった場合

Chapter4 クリアランス&パントキック編
自陣近くへのスローイング/自陣サイドへのスローイング/センターサークル付近へのスローイング/敵陣サイドへのスローイング/インフロントキック~ワンバウンド~/インフロントキック~ノーバウンド~/アウトサイドキック

Chapter5 トレーニング編
サイドステップ→キャッチング(正面)/サイドステップ→キャッチング(グラウンダー)/サイドステップ→セービング(手)/前後ステップ→キャッチング/前後ステップ→キャッチング(グラウンダー)/キャッチ(正面)→スロー→反転/キャッチ(グラウンダー)→スロー→反転/セービング体勢からのボール弾き/5ポジションブロック(グラウンダー)/5ポジションブロック(浮き球)/ポストタッチからの左右連続セービング/45度連続ブロック/45度ブロック→セービング(足)/死角(セグンド)パスへの対応/ブロック体勢でのバウンドキャッチ/前後ステップからの連続セービング/死角からのボール対応/パス交換からのセグンド対応/キャッチングからの1対1/フリーで動くセグンドへの対応/死角からの対応+ブロック&セービング/フェイクセービング/PKセービング(足&手)/ボールターゲット

Chapter6 ウォーミングアップ編
キャッチ&スロー&キック/サイドステップキャッチ/サイドステップキャッチ(グラウンダー)/リリース&キャッチ/タッチ&キャッチ/連続セービング(手)/キャッチ&セービング/ポストタッチセービング/ボールタッチセービング/ロングパス&キック

■コラム
PKで失点をしないための3つのセオリー
第2PKで失点をしないための3つのセオリー
コーナーキックで失点をしないための3つのセオリー
キックインで失点をしないための3つのセオリー

■インタビュー
絶対的守護神に必要な6つの資質
川原永光と日本代表

関連誌も好評発売中