HOME > 競馬王 新書 > ウルトラ回収率 2014-2015

ウルトラ回収率 2014-2015

商品詳細

ウルトラ回収率 2014-2015 

MAGAZINE_1386561784_cKNffAz.jpg
書名
ウルトラ回収率 2014-2015 
発売日
2013年12月6日(金)
価格
1200円+税
お問い合わせ先
ガイドワークス営業部…03-6311-7777

内容詳細

内容紹介

馬券ファンというのは、ついつい「的中率」を追い求めがちですが、馬券を買う上で最も大事なのは、回収率。仮に年間の馬券的中率が7割、8割あったとしても、トータル収支がマイナスでは何の意味もありません。逆に、年間の的中率が2割、3割しかなくても、トータル回収率が100%を超えれば勝ち組に入ることができるわけです。
 本書は、そういった「勝ち組」を目指す人のための一冊と言えます。難しい馬券理論や考え方は一切排除し、ただただ、年間トータルで鑑みて、「プラスになる条件」を公開しているのです。
 具体的な例を一つ挙げましょう。例えば、日本ダービーやジャパンカップが開催される「東京芝2400mのレースで1~3番枠に入った馬」という条件。この条件に当て嵌まっていた馬は、2010年秋から2013年春の丸3年間で計28勝をマークしており、単勝回収率も163%に達していました。該当馬の単勝を一定の金額ずつ買い続けていれば、28回の的中を経て投資総額の約1.63倍が手元に返ってきた計算となります。ちなみに、出走頭数が15頭以上だったレースに限れば複勝回収率も168%。計30回の的中を経て、投資総額の約1.68倍が払い戻される計算でした。競走体系の頂点に位置付けられている以上、能力検定の場として可能な限り公平なコースでなければならないこの東京芝2400mという条件ですが、そんな重要なコースですら「内めの枠に入った馬だけを買い続けていれば儲かる」という一面があるのです。
 馬場やコース形態に一定の規格があるわけではなく、さらには屋外競技で気候や天候の影響も受けることから、競馬のレース結果には多かれ少なかれコースごとの偏り=トラックバイアスが存在します。しかも、馬券を買うファンの大半は「どの馬が強いのか」という部分ばかりを熱心に検討していて、トラックバイアスにまで気を配っている方は多くありません。その結果として発生するのが「機械的に買い続けるだけで儲かる」というシチュエーション。
 本書『ウルトラ回収率』は、そんな馬券上のセオリーを100+α集めて、誰にでも使えるようにまとめた一冊です。

本書の特徴
●難しい解説、考え方、計算式など一切なし。近年の傾向から確実にプラスになる条件だけをピックアップ。あとは該当レースを探すだけ!
●膨大なサンプルレースから回収率が150%を超える条件だけを厳選し、なおかつ競馬場ごとに分けて高回収率データを紹介しているので、検索も簡単!
●競馬王で活躍している人気ライターによる高回収率データのプラスαデータも紹介。プロだけが知っている馬券で勝つための極意を伝授!

関連誌も好評発売中