HOME > 蛭子能収のうきうきギャンブラー人生 > Vol.57 マスターズチャンピオン

スペシャルコンテンツ

蛭子能収のうきうきギャンブラー人生

※タイトル部分をクリックすると蛭子能収氏のプロフィールが表示されます。

蛭子能収プロフィールphoto

蛭子能収

1947年長崎生まれ。漫画家、俳優。看板店、ちりがみ交換、ダスキン配達などの職業を経て33歳で漫画家に。その後TVにも出演。現在「蛭子コレクション」全21冊のうち7冊発売中。ギャンブル(特に競艇)大好き。カレーライス、ラーメンなど大好き。魚介類や納豆は苦手。現在、タレント、俳優、漫画家、エッセイストと多ジャンルで活躍中。

Vol.57 マスターズチャンピオン


 ボートレースでは4月11日から三重県のボートレース津”にて「マスターズチャンピオン」が開催される。英語が耳を受け付けず、「マスターズチャンピオンって何だっけ?」と考えてしまう私だったが、昔は名人戦と呼んでいた年齢が48才以上の選手のみを集めて行うG1クラスの名称のことである。
 昔から私は「パチンコしたい、したい」と思いながら、高校を卒業するまで待ってパチンコ店へ行ったのだが、次に「競艇がしたい、したい」と思いながら20才の誕生日が来るのを待って、その日に競艇へ行った。
 今やパチンコ店は“パーラー、“ホールとなり、競艇はボートレースと言うようになった。齢を重ねるとともに英語が苦手になったと言うのに、なんでもかんでも英語にしている。英語を使えばオシャレになるとでも思っているのか? まあ、そんなに怒るほどでもないけど……。
 20才から始めて、今69才だから約50年もの期間、私はボートをやってるんですね。かなりの額負けてると思う。しかし、競艇のおかげで働きながらも休みの日はボートという楽しい遊びができて、私は満足していますけどね。
 実は私って本当に働くことが好きなんですよ。休みの日、ジッと家にいるのはもったいない。お金を稼ぐチャンスがあるんだからとボートレース場へ行くわけです。

 でも、ボートで勝つのって難しい。勝つどころか、かなりの金額を負けてしまうのである。あり得ない…お金を稼ぐつもりでレース場へ行って、結果は負けて、働いて稼いだ分のお金がどこかへ行っちゃった……。
 働いて稼いだお金をさらに増やそうと思ってボートへ行ってたんですが、まさか負けて資金を減らすとは…。
 これから、あと何年生きてられるか分からないけど、せめてトントンになるまでお金を取り戻さなければ……と思っています。
 最近、私が考える必勝出目というのがあって、これを使うと少しは取り戻せるかな?と思っている…。

 競艇は6艇でのレースで1着2着3着を当てれば良いのです。できれば当てる金額はなるべく多い方がいい。そこで私が考えた必勝出目。
「ボートレースは2コースと5コースの差し差しを狙おう!!」。スタート展示を見て2コースと5コースに入った選手を買えばいいのです。2コースの選手はインの選手を差す、5コースの選手はカドになる4コースの選手を差します。そして差した二人の選手が一着二着を走っていれば大抵、高配当になるのです。三連単なら「125」「235」「245」「256」、この4ボックスを買えばいい。

「今日はダメだ。何を買っても当たらん、予想もできん」と思ってる方、ちょっとこの私の必勝舟券を試してください。最低2400円使いますが、来たら以外と配当が高く、一日5レース当たれば損はしないはず……。
 舟券買いに迷ってる人、ぜひこの出目を……!

          0417e.jpg



バックナンバー