HOME > 蛭子能収のうきうきギャンブラー人生 > Vol.70 カジノには夢がある

スペシャルコンテンツ

蛭子能収のうきうきギャンブラー人生

※タイトル部分をクリックすると蛭子能収氏のプロフィールが表示されます。

蛭子能収プロフィールphoto

蛭子能収

1947年長崎生まれ。漫画家、俳優。看板店、ちりがみ交換、ダスキン配達などの職業を経て33歳で漫画家に。その後TVにも出演。現在「蛭子コレクション」全21冊のうち7冊発売中。ギャンブル(特に競艇)大好き。カレーライス、ラーメンなど大好き。魚介類や納豆は苦手。現在、タレント、俳優、漫画家、エッセイストと多ジャンルで活躍中。

Vol.70 カジノには夢がある


 日本にも、いよいよカジノが誕生するということで日本もどんどんオープンな国になっていいな~と思っていた。しかし、そのカジノの入場料金が発表されビックリした。
 何と入場料が6000円だという。ほとんどの国のカジノが入場無料だというのに、入場料を取って、しかもその入場料が6000円とは高すぎる!と思うのは前回書いた通り。
 やはり貧乏人はカジノへ来るな!!ということを言いたいのかな?と思ってしまう。
 お金がないくせに、ますます貧乏になってしまうから、ギャンブルに手を染めるな、と言いたいのであろう。入場料が6000円もするんだから、時間を潰すのであれば、もっとお金のかからない映画やパチンコでもしてくださいって。
 でもカジノには夢があるのだ。
「お金がない、いつだって貧乏、いつか金持ちになってゴージャスな生活をしてみたい!」
「ポケットに2000円突っ込んで『よーし、カジノで逆転だ。この2000円を20万円にするんだ!』」
なんて夢がギャンブラーにはあるはずだが、入るだけで6000円もすると、まず入れないギャンブラーが続出。「俺達はパチンコしてりゃいい」と言ってカジノに寄り付かない日本人がアチコチに出そうな気がする。

 私も、入場料が6000円もするんならカジノのすぐ近くにあるボートレース場で一日中遊んでようかなと思う。カジノとボートレース…どっちが面白く、どっちが人気が出るのか…?
 そうだ! 良い手があるじゃないか。午前中の早い時間は、平和島へ行ってまずボートレースだけを楽しむ。それで勝ったら入場料6000円のカジノで本日最後の運試し。6000円!! 高いな~と思うけれど、平和島で勝ってりゃそんなに気にならないかもね。
 でも、朝から夜までギャンブルができるけど、ちょっとやりすぎだなと思ってしまいそう。だから、もうギャンブルを止めておいてという金額が6000円という入場料の高さになっているのかな? でも自分のポケットの中のお金は自分でちゃんと管理するから、余計なことはしないで欲しいんだな。

 『カジノの入場料は無料。とにかくお金を持ってる人も持ってない人も日本に初めてできたカジノ場で楽しんでってくれ、さァさァ初めてのカジノ! カジノって面白いのか恐ろしいのかちょっと体験していってくれ!!』

 こういうスタンスで営業していただくといいのかなと思っているが…。
 しかし、日本には競馬・競輪・ボートレースとカジノとは異なる賭け事がたくさんある。パチンコだって手軽なギャンブルのひとつであり、遠くまで出かけて入場料の高いカジノへ行くかどうかわからない。
 私の希望するギャンブルは、とにかく皆が手頃な金額で仲良く楽しく時間を潰せたらいい。それで少し勝てれば天国だ。楽しく遊びたいですね!


   1805e.jpg


バックナンバー