HOME > 競馬王 書籍 > 開成調教師の仕事

開成調教師の仕事

バックナンバー

商品詳細

開成調教師の仕事 

表紙画像開成調教師の仕事.jpg 読んでみる
友達に立ち読みURLを教える
【開成調教師の仕事 /立ち読み】
https://viewer.yondemill.jp?cid=11821※コピペしてご使用ください
書名
開成調教師の仕事 
発売日
2014年2月14日(金)
価格
1500円+税
お問い合わせ先
ガイドワークス営業部…03-6311-7777

内容詳細

内容紹介

2012年の日本ダービーをディープブリランテで制し、79代ダービートレーナーに輝いた矢作芳人調教師による仕事論。名門・開成高校出身という経歴から『開成調教師』の異名をとる著者は、どん底のスタートからいかにして現在の地位を築いたのか?

序章 現代の調教師像
・今の若手調教師は怖くない
・競馬界に革命を起こした森調教師
・調教師はゼネラルマネージャーである

第1章 牧場編 仕入れの実態
・「クラブならば、やらせてください」
・オーナーの手を挙げさせる調教師と手を下ろさせる調教師
・1分の1で当てる難しさ。番長・三浦大輔オーナーの場合
・「走る馬をください」「走る馬ぁ?」ある牧場主との忘れ得ぬワンシーン
・なぜ、矢作厩舎には個人馬主が多いのか?

第2章 厩舎編 人作りの極意
・「岩田騎手で折り合うように馬をつくるのがお前らスタッフの仕事だろう」
・「もう、乗らんでいい! 」大きな賭けだった岩田騎手への叱責
・矢作厩舎には定年以前に辞めた人間が一人もいない
・ダメな奴に共通する言い訳

第3章 競馬場編 勝ち続けられる理由
・勝率へのこだわりは自己満足に過ぎない
・中1週は厳しいローテーションではない
・藤田騎手のエージェント批判にもの申す
・「マイルのバクシンオー」グランプリボス
・「ここで勝ちたいのか、それとも5着以内に入りたいのか」

終章 これからの競馬界
・オープン馬は2.5倍ルールから外すべき
・日本人の気質には、旧裁決制度の方が合っている
・「成功した社会主義」は打破していかなければならない

※上記は章立ての一部です。

著者について
1961年生まれ。名門・開成高校出身という異色の経歴を持つJRA調教師。2005年の開業以来、着実に成績を伸ばし、2008年にJRA史上最速での通算100勝を達成(当時)。2009年に関西リーディングを獲得すると、翌2010年にグランプリボスで朝日杯フューチュリティステークスを制してGⅠ初勝利。そして、2012年にはディープブリランテで日本ダービーを制し、ダービートレーナーの称号を手に入れた。主な管理馬は、ディープブリランテ、グランプリボス、スーパーホーネット、タイセイレジェンド、ダイワマッジョーレ、ヘニーハウンドなど。横浜DeNAベイスターズ三浦大輔投手の愛馬・リーゼントブルースも同厩舎に所属。

関連誌も好評発売中